和柄ガラスブロック    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
シンプルガラスブロック 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 
9月のインテリア空間

9月になると、厳しかった暑さが和らぎ、日が暮れるのも早くなりますね。

夜になると虫たちの声が秋の音色を奏で、夜空にはお月様が美しく輝きます。

静寂の中、月の光を浴びていると、なんだか内なるパワーがみなぎるようなそんな気がします。月の光は昔から直観力を高めると伝えられている不思議な光なのです。

今月のガラスブロックはそんな月をイメージして、黄色のガラスブロックを和室でライトアップしてみました。9月の重陽の節句もガラスブロックに菊をあしらって現代風に楽しんでみてはいかかでしょうか?

そして長くなる秋の夜を、リラックスして過ごすひと時にも・・・。

スタジオラップス佐野

【g.b.Style和柄】に刻まれた日本の伝統文様。

着物はもちろん、陶器や風呂敷、和雑貨等にも描かれた伝統文様はよく目にして馴染みはあっても、いったいどんな意味があるのかは、知らないことも多いのでは・・・。
古来より継承されてきたその形。昔の人は、衣類や生活用品に文様として願いや祈りを込め、日々暮らしてきました。
そんな開運要素が詰まった日本の文様。
幸運、長寿、健康、厄除けなどご利益をあやかるそんなラッキー文様を、ガラスブロックの輝きと共にご紹介していきます。



菊は中国原産で、日本へ奈良時代に薬草として渡来しました。中国では、菊を浸した水を飲むと長生きするといわれ、重陽の節句(五節句の中の一つで陰暦九月九日に行われた節句会)に、菊酒を飲んで、菊の花を観賞し、長寿を祝い延命を願う習慣があります。

日本でも平安後期には、菊は観賞用となり、宮中で菊花の宴が催されました。この宴は宮中の年中行事で、重陽の節会、菊の節会、菊の酒などと呼ばれたそうです。

江戸幕府ではこの日を菊重の節供と称し、一万石以上の大名は花色紋つき小袖姿で登城し、大奥では杯に菊花を添えて祝杯をあげ、女中一同に料理、酒、丸餅を配給しました。江戸庶民は菊酒を酌み交わし粟餅を蒸して祝い、この日から武士、町人ともに一斉に綿入に衣替えしたそうです。

また鎌倉時代から好まれるようになった菊水文(菊と水を合わせた文様)は、中国の伝説から不老長寿をあらわす吉祥文様です。

参考文献
「日本のかたち」     ()平凡社発行
「すぐわかる日本の伝統文様−名品で楽しむ文様の文化−」
発行所 鞄結梍術 監修 並木誠士