和柄ガラスブロック    4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
シンプルガラスブロック 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 
5月のインテリア空間

『g.b.Style』が発信される街、浜松市。

5月のGW中には【浜松まつり】が開催され、多くの人で賑わいます。
そして浜松まつり、参加町の一つ、浜松駅南側にある砂山町。
こちらの法被は、今月のテーマ『ししげ』の模様。
その砂山町のとあるお鮨屋さんの店内に、ガラスブロックで『粋でモダンな和』を演出してみましたよ。

女性のお客様も通い易いようにと配慮された店内。ガラスブロックの輝きが、美味しいお鮨と美酒を、より味わい深いものにしてくれるでしょうね。

※今回、ガラスブロックに、お店の屋号を彫り込んでみました。ご希望に応じ、お好みのガラスブロックに、苗字やお名前等をお入れすることも可能です。

スタジオラップス佐野

【g.b.Style和柄】に刻まれた日本の伝統文様。

着物はもちろん、陶器や風呂敷、和雑貨等にも描かれた伝統文様はよく目にして馴染みはあっても、いったいどんな意味があるのかは、知らないことも多いのでは・・・。
古来より継承されてきたその形。昔の人は、衣類や生活用品に文様として願いや祈りを込め、日々暮らしてきました。
そんな開運要素が詰まった日本の文様。
幸運、長寿、健康、厄除けなどご利益をあやかるそんなラッキー文様を、ガラスブロックの輝きと共にご紹介していきます。



獅子舞の躰の部分やお祭りの半纏の模様にも使われている獅子毛(ししげ)の文様。

巻き毛、獅子のたてがみを文様化したものです。
獅子舞は現在でも日本各地で、お正月やお祭りの時に行われる民俗芸能ですが、疫病退治・悪魔払いするものとして伝承されています。

また、新橋〜豊洲間を走行する「ゆりかもめ」。各駅の両端に、駅名表示と一緒に日本の文様が描かれている『駅文様』をご存知ですか?
有明駅でも、この獅子毛の文様を見ることが出来るんですよ。


参考文献
「暮らしの伝承」  蒲田春樹著  且骰書房発行
「日本のかたち」 兜ス凡社発行
「日本文様図典」 発行所 紫紅社

撮影スペース提供
  「末広鮨」様 (浜松市砂山町)