5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 

三月のインテリア空間


春の明るい日差しが、ブラインド越しにやさしく差し込むダイニングテーブル。


家族がにっこり微笑みながらおいしくお食事するテーブルには、カジュアル感あふれる春のお花を、ガラスブロックと飾って楽しみましょう。


黄色やオレンジ色のパンジー、ポピーと暖色系のガラスブロックとのコンビネーション。


これから新しい始まりを迎える春の光の中で、やさしく溶け込みますよ。



2007.3.4 スタジオラップス





「色」には、不思議な力があります。
身に付けた物や目にするものによってリラックスできたり、活動的になったり・・・。
毎日過ごすインテリアの中に気軽に気になる色を取り込めるのが、カラーブロック。
このコラムでは、インテリア・生活に役立つ各色の「セラピー効果」「開運効果」のワンポイントアドバイスをしていきます。



暖色系
のセラピー効果

「暖色」、「寒色」という言い方がありますが赤、黄、橙などの波長の色が長い色が暖色、青、青緑など波長の短い色は寒色。


暖色系の色は、自律神経を刺激しやすく、寒色系の色は刺激しにくい性質があります。


「暖色系」の色は、消化・吸収を活性化します。


食欲の出る色ともいえます。


便秘がちな人は、トイレに黄色や橙色のタオルやマットを使って、それを見ていると、腸の働きが活性化されますよ。
「黄色」の開運効果



「黄色」は、物質運を高めます。

「黄色」は、神経伝達をよくして脳を活性化させ、言語中枢を刺激し、言葉や音に対して敏感にしてくれる色。

だから、「黄色」は学業と仕事を成功に導き、コミュニケーション力を高めて、明るく魅力的な人を作ります。

頭がさえて仕事がはかどり、企画書やプレゼンテーションも上手に対処できるようになります。

アイデアにあふれユーモアのセンスもさえ、論理的な思考も活発になります。

企画書が書けない、アイデアがひらめかない、思いを言葉にできない、順序良く説明できない・・・という悩みの方にオススメなのが、「黄色の文具」。

ペン、マウスパット、ファイルなど。
ネクタイや時計のベルトを黄色にするのもオススメです。

ある政治家の方が、選挙運動中、黄色いネクタイを身につけて演説し、何期も当選し続けていらっしゃいます。

その姿を見る度に黄色の効果はすごいなあと思いますよ。

参考文献

『ハッピー・カラー・セラピー』 高坂美紀著(日本実業出版社)

『色彩幸福論』 野村順一著(ブックマン社)

撮影スペース提供  潟Kイヤホーム掛川営業所 モデルハウス