5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 

九月のインテリア空間

ガラスブロックという素材を使って、もっと広い空間で演出できないかしら・・・と思い、今回は、とあるコンサート会場の舞台装飾の一部に取り入れてみました。

シックな曲を、歌い手が声という楽器で次々と奏で、バックの美しいガラスたちがライトに照らされて、色という光を
し出す。

そんな音と光がこだまする素敵な空間。
今回は、初秋の夕暮れ時、太陽の光と夜の暗闇が交差する【陰と陽】の世界。

そんなイメージを、【紫】と【オレンジ】のガラスブロックを
使って表現してみました。

2006.9.10 スタジオラップス

「色」には、不思議な力があります。
身に付けた物や目にするものによってリラックスできたり、活動的になったり・・・。
毎日過ごすインテリアの中に気軽に気になる色を取り込めるのが、カラーブロック。
このコラムでは、インテリア・生活に役立つ各色の「セラピー効果」「開運効果」のワンポイントアドバイスをしていきます。




のセラピー効果

「紫」の食べ物というと、プラムやブドウ、紫キャベツ、ブルーベリーといった果物や野菜があります。
紫は神経系の反射を鋭くし、病気回復を助ける色です。
もっとも、鎮静作用のある精神的な色だといわれています。

神経質な人とか、何かと考えすぎてしまう人などには有効な色でしょう。
太りすぎが気になる女性には、紫の食べ物は効き目があるようです。
食欲をつかさどる神経を沈静させてくれるからです。
「紫」の開運効果

紫」は、自尊心を高め、芸術的な才能を発揮させる色です。
精神的に落ち着かせ、力があるけれども、やさしいリーダーを作る色でもあります。

したがって、画家や音楽家、それから教師になって成功したい人にオススメな色です。

※11月にも『紫』の色の魅力をご紹介します。お楽しみに

参考文献『ハッピー・カラー・セラピー高坂美紀著(日本実業出版社)
『色を着る・食べる・塗る・見る、トータル・カラーヒーリング』高坂美紀著(中央アート出版社)
『色彩幸福論』野村順一著(ブックマン社)