5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 

十月のインテリア空間

読書の秋。リビングでくつろぎながらお気に入りの本を読んで過ごすひと時。忙しい毎日の生活を送る中で、ホッと一息。

ちょっと読みかけの本を、リビングに格好よく飾りながら置いておきたい・・・。そんな時、きれいなガラスブロックをブックスタンドの代わりに使ってみるというのはいかがですか?

表紙のきれいな本なら、なおさら、素敵なディスプレイになりますよ。

ポイントは、本の表紙に使われている色や、お部屋のインテリア(カーテン、、ソファ、カーペット等)の色とガラスブロックの色とを合わせること。
ガラスブロックがインテリアのアクセントになりますよ☆

2006.10.8 スタジオラップス

「色」には、不思議な力があります。
身に付けた物や目にするものによってリラックスできたり、活動的になったり・・・。
毎日過ごすインテリアの中に気軽に気になる色を取り込めるのが、カラーブロック。
このコラムでは、インテリア・生活に役立つ各色の「セラピー効果」「開運効果」のワンポイントアドバイスをしていきます。




オレンジのセラピー効果

「オレンジ」は、健康で活動的な色。特に食欲を増す色。
自分を動機づける色、能動的になれる色なのです。
(6月のコラムもご参照下さい)

特に、「オレンジ」は、気持ちがおちこみがちな方には、お勧め。
自然に明るさと快活さが戻ってきます。

また、ショックを和らげる色なので、離婚をした人、ケガをした人、事故でショックを受けた人にも見てほしい色なのです。
「オレンジ」の開運効果

「オレンジ」は人を積極的にする赤のエネルギーと、人を明るく知的にする黄色のパワーが交じった色。また、オレンジ色の中の赤がスタミナを与え、黄色が脳をよく刺激して頭の回転を早くし、言葉を発しやすくしてくれます。
そんな「オレンジ」は仕事運をも高める色といってもよいでしょう。
具体的な実行力を与え、コミュニケーション力を高め、交渉力をつけてくれる色なのです。

ビジネスシーンでは「オレンジ」を名詞やホームページに使い、積極的に身に着けるようにしてはいかがでしょうか。
男性で、オレンジに抵抗のある方は、携帯電話や事務用品(手帳やペンなど)の色に、さりげなく取り入れてみてはいかがですか?



私の知っている携帯電話の販売店へ人材派遣を行っていた企業では、「ホワイトカラー」、「ブルーカラー」に次ぐサービス業の色として「オレンジカラー」と定義づけ、会社のコーポレーションカラーとして、使用されておりましたよ。


参考文献
『ハッピー・カラー・セラピー』高坂美紀著(日本実業出版社)
『色を着る・食べる・塗る・見る、トータル・カラーヒーリング』高坂美紀著(中央アート出版社)
『色彩幸福論』野村順一著(ブックマン社)
撮影スペース提供    ガイヤホーム掛川営業所

来月の提案は「寝室」空間

インテリアのイメージ「Relaxation」
スタイリンググッズ「アロマキャンドル、ヒーリンググッズ」
使用ブロック「パープル、クリア、ブルー」です。お楽しみに。